男女

何でも作れる3Dスキャナーが話題|会社に取り入れよう

立体的なデータの取得

3Dプロッター

利便性に優れた機器

3Dスキャナーは様々な企業で活用されています。この機器が小型化したことにより立体的なデータを容易にコンピューターに取り込むことが出来るようになり、自社で精密機器の部品等の製造が短時間で出来るようになったのです。この3Dスキャナーには幾つかのタイプがあるので、それぞれの企業用途により使い分けることが肝心です。これは特殊なセンサーを用いるものや光線を照射して立体物のデータを測定するものなどがあります。センサーを用いて測定するタイプは精密機器など精度の高さを求める場合に適しており、簡易的に対象物のデータを取得したい場合にはレーザー光線を用いたものなどが最適です。その為、企業での用途を踏まえ最適な3Dスキャナーを選ぶことがポイントとされます。

機器の普及と活用場面

最新の3Dスキャナーは小型化したことに加え、価格面でも購入しやすくなりました。その結果として企業での活用範囲が広がりつつあります。この3Dスキャナーで取得したデータを活用し工業製品の製造に多く活用されていますが、その他にも医療分野では3Dスキャナーが診断の判断材料としても活用されているのです。そして、機器の小型化は持ち運びを可能にしたため、様々な場所でデータの取得が出来るようになったのです。その結果、多種多様な立体構造をコンピューターに取り込み再現することが出来るようになりました。更に、3Dスキャナーの性能向上により精度の高い立体構造物を再現出来るようになったのです。これは複雑な形状を再現することを可能にし、アートやエンターテイメントの分野でも幅広く活用されています。

OA機器購入時のポイント

複合機

業務をする上で複合機は必ず必要になります。この複合機を購入したいなら、中古で購入すると安く済ませることができます。しかし、安く購入できてもサポート体制がないと万が一故障したときは大変なことになります。購入するうえで注意すべき点をおさえておきましょう。

詳細を読む

高価だが高品質の製品です

インク

企業のデジタル印刷で幅広く使われているコニカミノルタのトナーは非常に小さな樹脂微粒子を着色剤と融着させ、ワックスも含ませる新しい製造法でつくられています。このことによりムラが少なく高品質で鮮明な画像を実現します。ただし保守契約を含むため高価な点が難点で企業のコスト上において要考慮です。

詳細を読む

状態の確認が重要

コピー機

複合機は会社に必須のものであり、初期費用を抑えるために中古で導入する会社も多いです。品質と値段はほぼ比例するため、使用状況に見合うかどうかを考えて導入すべきなのです。ソフトが対応しているかや、輸送代にも注意して選ぶようにしましょう。

詳細を読む