高価だが高品質の製品です|何でも作れる3Dスキャナーが話題|会社に取り入れよう
レディー

何でも作れる3Dスキャナーが話題|会社に取り入れよう

高価だが高品質の製品です

インク

特殊製法を駆使しています

デジタルトナーと呼ばれるコニカミノルタのトナーは、コニカミノルタの特徴と言うべき鮮明で高品質な画像を提供します。コニカミノルタのデジタルトナーは、乳化重合でつくられた1万分の1ミリメートルの樹脂微粒子を着色剤などと精密に融着させることにより小粒径で大きさや形が均一につくられています。この工程はワックスを含有させることにより行い、これにより定着工程にて加熱ローラーへのシリコンオイル塗布が不要です。このことが画質のてかりを低減して画像ムラを抑え、ボールペンでの書き込みや付箋貼り付けを可能とします。また従来の混練・粉砕法の場合と異なり製造での消費エネルギーが減少し、二酸化炭素などの排出ガスも約40%削減されます。こうした特性は企業活動において、高彩度のデジタル印刷や環境適正などの目的実現に貢献しています。

ただ高価な点は要注意です

このように優れた画像生成にはとても役に立つコニカミノルタのトナーですが、問題点は高価なことです。コニカミノルタのトナーカートリッジは一般に保守契約とセットで販売され、純正品としての購入では保守費用が含まれる結果、例えば5万円以上などとかなり高価となってしまいます。このため事務経費削減の観点からはいろいろと難点も出てきます。純正品より安い購入方法としては企業での購入の場合も個人の場合と同様海外純正品やリサイクルトナーという方法があります。ただしリサイクルトナーは使用済製品の再利用ということで2〜3%程度初期不良が生じ、トナーの成分や部材の違いから色調が微妙になる可能性があります。また海外純正品は商品自体は同一で現地ではより価格が安く、これらを逆輸入することにより国内販売されます。また保守契約が付帯されないことにより安さが実現されています。